信州トレマン裏ブログ

トレマン&YUKIの日々奮闘

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
トレマン・女子ツアー情報
womens2
お得情報・レース情報満載!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
商品購入はこちら
お天気
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
地元の名峰・筑波山
トレマンが仕事で東京に行くついでに、筑波山に登ってきました。 
「ついでに」っておかしいですが(^^;)まあまあたまには実家に寄ったりとか。
と言いつつ、今年は1−2ヶ月ペースで実家に行ってるな・・。まあいっか。

筑波山は私は地元なので何回か登ったことがあるけど、トレマンは初。前から一緒に行きたいねと言っててようやく実現した。しかも今回は息子も一緒。
最後に登ったのは・・確か7−8年前?何回も登ってるのによく覚えてなく、完全に舐めてました筑波山。コースタイムよりは早く山頂まで登れはしたけど、いやー疲れた!こんなに急で岩場だったっけ??長野と比べて湿度は高いしすごい疲れた。トレマンも仕事前の山登りにしては割とハードだと言っていた。息子背負ってるしね。。(pokoと合わせて多分14キロぐらい?)
そんなこんなで山頂。

何その顔(笑)↑
ここは女体山。男体山もあるけどこちらのほうが展望はいい。

しかしケーブルカーもあるほど観光地化した山なだけあって、山頂下の御幸ヶ原は売店が多いし、平日でもすごい人とすれ違った。
下りは違うコースで。

そっくりな親子(笑)
やっぱり息子はほぼトレマンに似てるらしい。
息子がメガネかけたら同じ顔だな。


下りのコース、奇岩がいっぱいでなかなか楽しめる。
写真でわかりづらいけど、上の岩が今にも落ちてきそうな「弁慶七戻り」
こんな面白い名称がついた岩がいっぱいある。

登り下りでちょうど3時間。私は実家へ向かうけど、トレマンは途中つくば駅で降ろして仕事へ向かう。強行軍だったけど、充実した休日でした。
| | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
飯綱山
おとといのお休みは、3人で飯綱登山。
晴れてて山頂は気持ちよかった!

山頂にて。息子1歳2ヶ月、暴れる・・・。
トレマンが抱っこしているほうが大人しかったりして。母少し凹む。
下りでは私が後ろから降りてたけど、こっち見てニコニコしてました。
下山後は田んぼにてお蕎麦。久しぶりのご利益蕎麦、美味しかった〜。
テーブルの高さがちょうど良かったのか、息子突然立ち上がる!お店の子供椅子、座るとピ〜〜と鳴る椅子で、座るたびに怪訝そうな顔(笑)
家でもつかまり立ちはたまーにするけど、こんなにスムーズに立ったのは初めてだ。
もうちょっとかな〜。


今朝は、病院へ予防接種を受けに。
案の定、大泣き。。何すんだよ!って顔を先生に向けてた(^^;)
ま、来月からまた予防接種ラッシュになるんだけどね。
| | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
復帰第1弾-雁田山-

息子が産まれてから、初の山登りで雁田山へ。
私はほとんど空身で、POKOにのせてトレマンが背負います。
せっかく天気もよく気持ちよかったけど、登り始めてすぐにグッスリ。

揺れが心地よすぎたか?

熟睡して頭が垂れ下がってるので、息子どこにいるかわかりませんね。。

結局下まで起きませんでした。
しかし、ここ数日また夜泣きが酷くて・・・夜中に何回も起こされて朝は早くからわーわー騒ぎ出して起こしてくるので、完全に寝不足。頭痛い・・。

下山後、T野さんのオープンガーデンを見させてもらいに訪問。とってもかわいい素敵なお庭に感動!色々植物のこと教えてもらったり、ベンチで菜っ葉のおひたし頂いたり、なんだかんだ長居してしまった。
しかも、

お花まで頂きました。(帰ってさっそく植えてみた)ありがとうございました!
写真以外も色々もらってしまい、恐縮です。でもうれしー♪

その後はずっと行きたかった須坂の“ざかすラーメン”へ!ちょっとお昼のピークは過ぎてるから息子も大丈夫かな?ここはお座敷も広くてちょうどいいんです。子供椅子もちゃんと用意してありました。
味噌チャーシュー白湯ラーメン¥850。塩チャーシューで700円台。チャーシュー麺てだいたい1000円近くとるお店も多い中、ここはわりと良心的な気がする。サイドメニューの小どんぶりはなくなってたけど、ライスサービスでまたラーメンスープのしょっぱさと厚めのチャーシューが白ゴハンに合うな〜これ。多分ここ最近で一番行ってるラーメン屋。おすすめです。山のあとのラーメンて最高ですね。

| | 10:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
里山散歩

久々に地附山へ。
駒弓神社から登ったのに、ここまで到達するのに1時間ぐらいかかった。
おんまりアクティブの動き回るとお腹が張ってくる。野沢レース以来の山というか運動そのものが3ヵ月ぶりぐらいで、かなり息が上がった。腿も張った・・。運動不足
山のお散歩では今後は下りのためにポール必携だな〜と思った。

この後、戸隠神社へ安産祈願のお参り。
平日なのにツアーバスでの観光客がたくさんいて、中社付近は賑わっていました。
お参りしてお守り購入。

新そばの時期なので、もちろん帰りはお蕎麦屋へ。
お店の名前忘れたけど、サービスの蕎麦団子が美味しかった。もちろんお蕎麦も

| | 18:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
妙高さん
初めてのルート、燕温泉から登りました。

足湯はまたあとで。
途中、黄金の湯という無料らしい野天風呂があり、帰りはここに入ろうと。
一応男女分かれてましたが、柵がとても低い。




滝!3段か4段になっていて圧巻。

温泉が混じっているらしく硫黄臭がすごい。

冷たい温泉だ!帰りに浴びたい!!

こんな岩場もあり。

草原あり。

10時半頃には山頂到着。ここまで上がってくると風が涼しい。



湿地帯の長助池

一面に紫の花がキレイ。

この時期でもまだ根曲がり竹がたくさん生えていた。

地面から生えるとは限らないんですね。

ぐるっとラウンドして燕温泉に着いたのが2時過ぎ。ちょうど良い時間。
黄金の湯は駐車場から少し急な坂を登って行くので、面倒くさくなりパス。
今思えば入っておけばよかった・・・。いい温泉ぽかった。
また今度行こう!
| | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
爺ヶ岳
昨日は珍しく体調を崩していて、夜まで腹痛で苦しんだ。
多分、一昨日の飲みすぎ・食べ過ぎ・冷え が原因。
なので1日遅れで休日の山行をアップ。爺ヶ岳に行ってきました。
天気が良く、気持ちのいい青空。樹林帯抜けると風が涼しい〜
 
屋根と外壁を塗り替えたらしい、種池山荘。遠くから見るとオレンジの屋根がドールハウスみたいでかわいい。

小屋近くの登山道ほんの一部だけ雪が残ってました。





南峰だけで帰ってきた。
この後、下山して葛温泉→蕎麦 のスケジュール?があったので。
葛温泉、源泉90度のあつーいお湯ですが、いい温泉です。
混浴露天、誰もいないと思ってちょっと覗いたらおじさんが入っていてびっくりした。
美麻のお蕎麦屋・山品さん、美味しかったです。おすすめ
サイドメニューはそばがきなどはありますが、天ぷらはないです。
天ぷら・・・天ぷら〜!(←意味はありません。)

山行って、温泉入って蕎麦食べて、充実した休日。(が、この夜に体調崩す。

 
| | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
締切ですよー
 
びんずる、申込みは今日締切です!詳しくは⇑をクリック!
7/6(金)まで締切延長です!
参加の方は、GOMIMAYUさんまで連絡お願いします。

----休日----
1年ぶりの鳥甲山へ。
去年は雨とガスで、やぶ蚊がすごかったので、長袖を着て防御態勢ばっちりで行きましたが・・。
天気が良かったせいか、ただただ暑く(蚊も全然いなく)長袖着てきたことを後悔。
2人とも熱中症気味で戻ってきました。登山者1人だけすれ違ったけど、あちらも少しびっくりしたようで。晴れれば登山者いるんだな。



帰ってからも胃の調子が悪く、頭もぼーっとした。
この時期に来るなら、雨の方がまだマシかも。
| | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
下見
6月末のトレマン・プチレースの下見で角間温泉〜烏帽子岳へ。
岩屋館さんの奥に駐車スペースがあり、そこからスタート。
林道から沢へ。渡渉ポイントも何度も出てきて、浸かりたくなかったけど結局ジャバジャバ・・。
沢登を思い出し、だんだん楽しくなってきた〜〜!!

おっかない鉄板の橋なども渡りつつ。
ここから先、ジャングルのようになってきて、ピンクテープもあまりなく・・。

わずかな踏み跡?獣道?を行ったり来たりして時間をくう。
「これはないな・・。」とトレマン。レースで使うのは断念。遭難者がでそうと。

盆栽のような苔がきれい

なんの花?
とまあこんな写真を撮っているうちはよかったです。
だんだんと藪が濃くなってきた。とはいえ、歩き続けてなんとなく半分以上来てしまったので、戻るに戻れない。お互いに引き返そう、の一言が出ずに、黙々と藪漕ぎを続ける。

ようやく烏帽子岳が見えてきた。
と思ったら、また笹薮。もーイヤ。

つつじも目に入らぬ苦しさ。トレマンいつも以上に無言。

ぐへー。  と言いつつ写真だけはしっかり撮る私。

ようやくたどり着いた頂上。お互いの記念撮影をする元気なく。
せめて晴れていてくれたら・・・。

帰りも同じ道か〜・・・と考えると超ブルー。
でも途中の分岐で本原方面という方に下りてみたらなんといい道。
なだらかな長い下りだったけど、とても走りやすい。だんだんとお互いの口数も増えてきた。

やっと道路に出るとバスを使わず(停留所が県道沿いになく)歩いて角間温泉まで。
もーイヤ。

4時ぐらいに角間温泉に戻ってきたのか?とにかく疲れた。暑かったな〜・・。
帰りは十福温泉でさっぱりと汗を流し、帰路についた。
今日は全身筋肉痛。
| | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
一泊朝帰り
昨日の定休日は天気が良かったので、またテント泊で山へ。
さすがに2週連続で連休はとれないので、木曜朝一下山してお店の開店時間に間に合う燕岳。
出発5時過ぎ。中御所のすき屋で牛丼を食べ、腹ごしらえ。食べすぎた・・。

中房温泉に6時半ごろ到着し、登山開始。

ん〜〜今週も山の神は味方だ
でも途中からガスが出たり、晴れたり。

燕山荘到着10時半頃。受付を済ませてテン場へ。テントは自分たちだけでした。

(広いテン場にテントぽつ〜ん)

時間が早かったので大天井岳へ行こうと行っていたのですが、ガスが出て展望が良くなかったのと、早くビールが飲みたくて(またこれ)燕岳だけでいっか!となったのでした。
イルカ岩

頂上!風もなく穏やかで、しばらく景色を眺めて休憩。
岩の形がスゴイ。

のんびり頂上から下って、さっそく乾杯〜
今の時期、まだあのドでかいジョッキがないらしく、プラコップで¥800でした。それでも多い!
毎回思うけど、ほんとに燕山荘って感じがいいな。綺麗だし、なにより小屋の人たちの感じがいい。小屋利用のリピート率も高いらしい。小屋泊もいつかしてみたい。

またまた昼間からちょっと飲みすぎて、しばらくテントでお昼寝。なんて贅沢な休日。

テントから燕岳山頂を眺める。


起きたら5時過ぎ。全然お腹すいてないけど2次会開始!(前回と同じ流れ
7時半には持ってきたお酒も尽き、就寝zzz
お昼寝したせいか、なかなか寝られず。夜中は寒くてず〜〜っとうつらうつらしてました。
やっぱまだこの時期はインナーダウンがいるな。。と感じた今回のテント泊でした。

-朝-
3時半の目覚ましで寝ぼけながら起床。
ぬ〜・・眠い。寒さでよく寝られなかった。

雲がでてるけど、山の稜線はくっきり。



朝焼を見ながら撤収。







下りは2時間ほどで駐車場に到着。まだ6時半。
朝の出勤前に洗濯して装備片づけて、ちょうど出勤時間にぴったりでした。
これで早朝に下の温泉が開いてれば完璧だな〜開いてないけど。
| | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
北アルプス・宴会山行
定休日+1日臨時休業をいただき、涸沢〜奥穂へ行ってきました。
お正月以来のテント泊登山。天気予報も山に入る2日間だけ晴れのようで、かなりテンションが上がる。前日にお酒、食糧をしこたま買い込み、準備。

朝4時台に家を出発。6時半には沢渡駐車場へ到着。
この時期のバスは時刻表通りの運行ではないらしい。
「よし、バスが来るまで10分あるからトイレに行こう」
と用を足していたら、時刻表の時間前に出発してしまい唖然。しかたなくタクシーに乗りこむと、バックミラーで次のバスが来るのが見えてキ〜〜となりましたが、まあいい思ひ出です。

川の中の藻がきれい。

河童橋に到着。いい天気。

横尾。

雪渓を登っていく。
奥穂が見えると、ぽっと涸沢ヒュッテがでてきました。思ったよりあっという間に到着。
それでも上高地から4時間ぐらい?あまり時間は見てなかった。
北穂に初日に登ろうと最初は言っていたけど、ちょっと無理がある時間だったので、今回は諦める。久々の重い荷物を背負っての山行で、初日で疲れてちゃった。しかしそれよりも、ビールとおでんが食べたかった!



前に来た時も食べたけど、ヒュッテのおでんは美味しい。
山小屋なのに1品100円〜150円なのもうれしい。
生ビールは800円。

かんぱ〜い!
山で飲むビールってなんでこんなにウマイんでしょ。



持ってきたハーブ入りソーセージをフライパンで焼き焼き。

フランスパンで挟んでピザソースをかける!ウ・ウマー!!(゜Д゜)
ひと手間かけるといいもんだ。これは次回からの定番メニューになりそう。
その後、缶ビール、持ってきたボトルワイン等々暖かいテラスで満喫。
ちと昼間から飲みすぎた。。

テントに戻ってひと眠り。疲れてたので、ぐっすり。
起きたら、すでに6時半過ぎでした。寝すぎた。

遅い時間に2次会開始。

ピリ辛もつ鍋に・・

生野菜とセブンオリジナルの真空パックおつまみ数種!

ビール!!(どんだけ飲むんだ。
でも今回のメインイベントはテント内の宴会だから良しとしよう。
10時近くまで飲んだくれ、ようやく就寝。夜中にトイレで目覚めることもなく、珍しく熟睡できた。

4時過ぎの目覚ましで起きると、快晴!

6時前に奥穂高岳へ登山開始。



風もなく、汗が出てくる。半袖にウールのアームカバーがちょうどいい。
穂高岳山荘に着くと、一休みしていざ、頂上アタック!

最初の岩場、鎖と梯子でも十分怖いのだけど、その岩場を超えたところの雪の斜面・・てか壁??とにかく、あんなに冷や冷やしたのは初めて。なので写真を撮る余裕もあまりなく。
登りはまだよかったんだけど、頂上を踏んでからの下りは初めてピックを突き刺しながら後ろ向きに下ったのでした。ピッケルのピックはこうやって使うのか、と。
わかり辛いけどこんな感じの斜面↓ 壁のようだ。



こんな微妙な時期に、こんな山に連れてきてくれ、冷や冷やしながらも見守ってくれる旦那に感謝一人では絶対に来れない。

穂高岳山荘から涸沢までの下りは、あっという間。途中シリセードだのしながら楽しく下り、10時半頃にはテン場に戻ってこれた。お腹が空いたのでヒュッテのカレーで昼食。ていうか朝食か。
うーん、カレーもうまい!トレマン曰く山小屋カレーで3本の指に入る美味しさだという。
確かに美味しいです。おすすめ。

11時過ぎに上高地へ向け下山。
最後の横尾からの林道歩きはほんとに長い。ここでいつも足裏がやられる・・。
やっと上高地に着いたのが15時頃。
バスで沢渡駐車場に着いて、前々から気になってた無料足湯に初めて浸かってみた。

ん〜〜全身浸かりたいぐらい気持ちいい
更衣室なんかもあって、至れり尽くせり。

家に着いてからのビールもまた最高でした
とてもリフレッシュできた2日間でした
| | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
このページの先頭へ